個人差があります。

保湿効果が高いといわれる尿素クリームには、他にも脇の黒ずみ解消の効果もあると言われています。
尿素クリームの脇の黒ずみ解消効果とはどのようなものなのでしょうか。

 

尿素クリームには主に二つの効果があります。

 

保湿効果

一つ目は保湿効果で、尿素が肌表面の角質に付くと水分を呼ぶ働きがあり、角質の傍で水分を保持するため保湿効果が出て瑞々しさを肌の表面に保つことが出来ます。

 

角質除去効果

そして、もう一つが角質除去効果です。
脇の黒ずみの原因の一つは、古い角質が剥がれ落ちないで蓄積したものが酸化するために起きます。

 

黒ずみを改善するには古い角質を除去する必要がありますが、古い角質は中々剥がれることなく蓄積されて固くなります。
角質はケラチンというたんぱく質で出来ていて、尿素はたんぱく質を分解する働きがあり古い角質も分解して除去します。

 

 

それを利用して脇の黒ずみ解消に効果があるとされています。
実際に塗って効果があるかは個人差があります。

 

保湿効果はあるので肌が柔らかくなったりしますが、人によっては全く変化がなかったという人もいます。
肌のターンオーバーは20代だと28日、60歳を過ぎてくると100日もかかってくるので、効果を期待するには少なくとも1ヶ月以上は続ける必要があります。

 

脇の黒ずみ対策よりも、かかとや肘の角質除去に使う人の方が多く、ひび割れて溜まっている角質を柔らかくして除去する効果はあるようです。