特徴

炎症性色素沈着とは、ニキビや、傷、虫刺されなど、肌が炎症を起こしてしまうことがあり、
その後がしみになってしまったものです。

 

頬から顎にかけてできるにきびは特に炎症性色素沈着を起こしやすいものです。
ニキビができてしまった後に紫外線を浴びたりしていると色素沈着を起こすことがあります。
また夏にかに刺された跡が茶色くシミのようになってしまって色素沈着起きてしまっている場合もあります。

 

また、日常的に心配なのが、メイクを落とすときの際に、ゴシゴシと肌をこすって洗顔してしまっている場合、
慢性的な炎症を引き起こしています。これはメラニンの生成を促し、
全体的にくすんでしまったり、地黒のように見えてしまったりすることもあります。

 

 

その他、敏感肌などの方の場合、化粧品が肌に合っていないのにも関わらず使い続けてしまい
、炎症を細細と引き起こし、その結果色素沈着が起きてしまっている人も少なくありません。

 

炎症性色素沈着は、そもそも炎症の理由を取り除けば、自然と消えていくものが多いようです。
ですが、紫外線をその上から浴びてしまうとそのまま残ってしまうものもたくさんあります。

 

予防法

第一に、刺激を与えないことです。肌をこすっているようなスキンケアをしている人はとても多いようです。
これはどんなに多少刺激であっても、蓄積されつつあるので気をつけましょう。

 

またニキビや、傷を作ってしまった場合は、紫外線に当たらないようにしっかりと日焼け止めを寝るようにしましょう。
とにかく紫外線を浴びないことが炎症性色素沈着を長く残さない方法になります。
本格的な治療を行うのであれば、皮膚科などでのピーリングがいちばん即効性がるとされています。
そのほかビタミンC導入も効果的です。