重曹は食べても害がない

自分でできる脇の黒ずみ解消法に重曹を使った方法があります。

 

脇の脱毛OK! …のはずなのに、脇の黒ずみのせいでノースリーブを諦めてしまったり、水着も自信を持って着られないなんてことはありませんか?食物添加物として使用されることに加え、お掃除にも大活躍の「重曹」。

 

 

実は脇の黒ずみケアにも効果的ってご存知でしたか?方法は簡単。

 

重曹とお湯を1:1の割合で混ぜて、垂れない程度のペースト状にしたものを脇にぬり、10分ほど放置して洗い流すだけの簡単な方法です。
または、泡立てた石けんやボディソープに重曹をひとつまみほど加え、脇を優しく洗うという方法もあります。

 

 

重曹を使った脇の黒ずみ解消法のメリットとは、何といっても手軽に行えることです。重曹はスーパーやドラッグストアで簡単に手に入り、塗って洗い流すだけという簡単さと同時に匂い消しの効果もあります。重曹は食べても害がないため、安全なもので脇のケアが行えるのもメリットの一つです。

 

 

デメリットとは、重曹は人間の肌と同じ弱アルカリ性なのですが、洗浄力が強いためやりすぎてしまうと肌の潤いを必要以上に失ってしまうことになります。また研磨作用もあるので、あまりごしごしとこすりすぎると肌を傷めてしまって炎症を起こしてしまったり、肌のターンオーバーが早くなりすぎてしまい、逆に紫外線や色素沈着を起こしてしまう可能性もあります。お掃除にも大活躍の重曹。重曹の研磨力は強力でクレンザー代わりにも使われる程。
重曹を使った脇の黒ずみケアのデメリットとは、強い摩擦で炎症を起こしてしまう可能性があるということ。

 

しかし、同じ重曹でも「食用」と「掃除用」などに分けられており、掃除用は粒子が荒くスクラブとして使用すると、肌に摩擦が起き、色素沈着が起き、さらなる黒ずみを招いてしまいます。ですから、重曹選びをしっかり行い、正しい方法で黒ずみケアを行うことが大切です。

 

 

安全な使い方とは、使用する重曹は食品用の細かく肌に影響を与えにくいものを選ぶようにします。月に1〜2度の使用にとどめておくことと、肌に塗る際や洗い流すときにも無理にこすらないようにしましょう。

 

 

肌に優しい使い方は、泡立てたボディソープに一つまみほど入れることです。量が少ないので、肌への影響も少なくなります。また、アフターケアとしてパックをシタリボディソープに入れて肌を洗った後には、乳液やボディクリームなどでしっかりと保湿を行うようにします。